MESSAGE

メッセージ

大きな責任、その分やりがいのある仕事

後期研修医・助手

長田 康平

出身大学 : 山形大学

十分に症例を経験できるのは、小規模の医局だからこそ

私は学生の頃に実習で麻酔科を周り、麻酔に興味を持ちました。座学でも麻酔を学びましたが、今一つ何をやっているのかわかりませんでした。しかし、実際に実習で麻酔をかけているところを見て、手を動かさせていただき、どんな目的でどんな考えで何を行っているのかを少しずつ分かったときに、麻酔の面白さを感じました。麻酔科は硬膜外麻酔や脊髄クモ膜下麻酔、神経ブロックなど手技が多く、成長が実感しやすい科だと思います。また、麻酔中には多くの薬剤を使用しますが、秒単位で効果を発揮するものがほとんどで、投与後にすぐに患者さんの状態が変化していきます。短時間で大きな変化をもたらすので、大きな責任を感じつつもそれだけやりがいのある仕事だと思っています。  当院の麻酔科は上級医の先生方がとてもやさしく、雰囲気が良い医局だと思います。教授を含め上級医との距離が近く気軽に相談しやすい環境があり、麻酔の際も必ず上級医が付いて下さり手厚く指導してもらえます。後期研修医の人数も多くないため十分に症例を経験でき、規模が小さい医局だからこその良さを日々感じています。後期研修先を探している先生方、一度見学に来てください。

〒213-8507 神奈川県川崎市高津区二子5-1-1

​TEL:044-844-3333(代表)

Copyright (C)  Teikyo University Hospital, Mizonokuchi