STUDY

研究・論文

研究テーマ紹介

①換気効率を改善する呼吸器モードの研究

低呼吸コンプライアンス症例では換気効率を改善(死腔を改善)する換気モードが求められる。圧規定換気において死腔を最小限にする吸気時間・呼気時間を探求している。

②麻酔薬の幼若神経に対する毒性に関する研究

新生児動物に長時間の麻酔薬投与を行うと広範なアポトーシス、成長後の認知機能障害を
起こすことが知られている。この現象と未成熟なGABAA受容体の特性との関係などについての基礎研究。横浜市立大学との共同研究。

③気道確保に関する研究

新しい機器を用いた気道確保法の適用方法、その優劣などに関する臨床研究。
気管内チューブやラリンゲルマスクのカフ圧の適切な設定法、カフ圧の自動制御とその臨床効果に関する研究

④メタ解析を用いたEBM研究

クリニカルクエスチョンに関して、既出のランダム化比較試験情報を検索・統合し、メタ解析手法を用いてその情報を批判的に吟味する研究。

⑤瞳孔径を用いた、痛みの感受性についての研究

論文

2019年

  • Oshika H,Koyama Y,Tsuzaki K, Ida K, Andoh T. Perioperative management of a pediatric patient with suspected Type 1 Von Willebrand disease undergoing tonsillectomy: A case report.JA Clin Rep 2019;27;5(1):54.

  • Oji M, Koyama Y, Oshika H, Kohno M, Nakahashi Y, Fukushima S, Iwakura H, Andoh T. Effect of endotracheal tube lubrication on cuff pressure increase during nitrous oxide exposure: A laboratory and prospective randomized controlled trial.BMC Anesthesiol. 2019;31;19(1):169.

  • 木村隆大、小山行秀、磨田裕、鴨志田直子、安藤富男:スティフパーソン症候群に重症筋無力症を合併した患者の2回の全身麻酔経験.臨床麻酔. 2020;43(10)

  • 安藤富男:全身麻酔薬はどのように作用するのか.クリニカルエンジニアリング 特集 麻酔のすべて(後編)麻酔科医の役割・業務. 2020;31(3):255-277.

  • 丸山晃一:麻酔科医の仕事.クリニカルエンジニアリング 特集 麻酔のすべて(後編)麻酔科医の役割・業務2020;31(3):261-269.

  • 大鹿博之:麻酔記録用紙のみかた.クリニカルエンジニアリング 特集 麻酔のすべて(後編)麻酔科医の役割・業務2020;31(3):255-277.

  • 睡眠・鎮静薬とGABAA受容体作動性作用 安藤富男  脳神経内科 第90巻第4号 374-382ページ、2019年

2018年

  • Hirabayashi G, Ogihara Y, Tsukakoshi S, Daimatsu K, Inoue M, Kurahashi K, Maruyama K, Andoh T. Effect of pressure-controlled inverse ratio ventilation on dead space during robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy: A randomised crossover study of three different ventilator modes. Eur J Anaesthesiol. 2018;35(4):307-314.
     

  • Hoshijima H, Mihara T, Maruyama K, Denawa Y, Takahashi M, Shiga T, Nagasaka H. McGrath videolaryngoscope versus Macintosh laryngoscope for tracheal intubation: A systematic review and meta-analysis with trial sequential analysis. J Clin Anesth. 2018;46:25-32.

  • Oshika H, Koyama Y, Taguri M, Maruyama K, Hirabayashi G, Yamada SM, Kohno M, Andoh T. Supraglottic airway device versus a channeled or non-channeled blade-type videolaryngoscope for accidental extubation in the prone position: A randomized crossover manikin study. Medicine (Baltimore). 2018;97(25):e11190.

  • Hoshijima H, Maruyama K, Mihara T, Mieda T, Shiga T, Nagasaka H. Airtraq® reduces the hemodynamic response to tracheal intubation using single-lumen tubes in adults compared with the Macintosh laryngoscope: A systematic review and meta-analysis of randomized control trials. J Clin Anesth. 2018;47:86-94.

  • Koyama Y, Oshika H, Nishioka H, Kamoshida N, Tanaka S, Inagawa G, Andoh T. K-Y™ jelly inhibits increase in endotracheal tube cuff pressure during nitrous oxide exposure in vitro. BMC Anesthesiol. 2018;28;18(1):99. 

  • Hoshijima H, Mihara T, Maruyama K, Denawa Y, Mizuta K, Shiga T, Nagasaka H. C-MAC videolaryngoscope versus Macintosh laryngoscope for tracheal intubation: A systematic review and meta-analysis with trial sequential analysis. J Clin Anesth. 2018;49:53-62.

  • Oshika H, Koyama Y, Usuda Y, Andoh T.Intravenous ephedrine abolished suspected bronchoconstriction during general anesthesia in a patient undergoing beta-adrenergic blocker therapy for hypertension. Saudi J Anaesth. 2019;13(1):63-65. 

2017年

  • Koyama Y, Nishioka H, Ibaraki T, Ozawa A, Kamoshida N, Akihisa Y, Andoh T:Successful Anesthetic Management of Morbidly Obese Patients During Electroconvulsive Therapy With the ProSeal Laryngeal Mask Airway in a Head-up Position: A Report of 2 Cases,J ECT. 2017;33(3):e30-e31

  • Nishioka H, Usuda Y, Hirabayashi G, Maruyama K, Andoh T. Effects of lubrication on air-sealing performance of a pediatric cuffed tracheal tube. BMC Anesthesiol. 2017;19;17(1):129.

2016年

  • Yamada R, Maruyama K, Hirabayashi G, Koyama Y, Andoh T. Effect of head position on the success rate of blind intubation using intubating supraglottic airway devices. Am J Emerg Med. 2016;34(7):1193-7.

  • Koyama Y, Andoh A, Kamiya Y, Miyazaki T, Maruyama K, Kariya T, Goto T. Bumetanide, an Inhibitor of NKCC1 (Na-K-2Cl Cotransporter Isoform 1), Enhances Propofol-Induced Loss of Righting Reflex but Not Its Immobilizing Actions in Neonatal Rats. PLoS One. 2016;11(10): e0164125.

2015年

  • Miyaji T, Fukakura Y, Usuda Y, Maruyama K, Hirabayashi G, Yamada R, Akihisa Y, Nishioka H, Andoh T. Effects of gas composition on the delivered tidal volume of the Avance Carestation. J Anesth. 2015;29(5):690-695.

  • Akihisa Y, Hoshijima H, Maruyama K, Koyama Y, Andoh T. Effects of sniffing position for tracheal intubation: a meta-analysis of randomized controlled trials. Am J Emerg Med. 2015;33:1606-1611.

  • 大竹純平、宮地哲也、磨田裕:ガス組成がフローアナライザーPF-300の換気量測定に与える影響.人工呼吸 Jpn J Respir Care. 2015;32:206-211.

  • 丸山晃一,稲森慶一、鴨志田直子、西岡浩子、山田理恵子、秋久友希、平林剛、安藤富男:あなたは気管挿管時にスニッフィングポジションをとりますか? 臨床麻酔. 2015;39(9):1305-09.

著書

2020年

  • 大村昭人.岐路に立つ日本医療 -破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択-.日刊工業新聞社、東京都. 2020年

2017

  • 平林剛.神はサイコロを振るだろうか?ISOカイギ録.薬事日報社107-139

  • 平林剛.呼吸管理方法(抜管しない場合).麻酔科医として必ず知っておきたい周術期の呼吸管理.【編集】磯野史朗. P224-228, 2017.3.10 羊土社

2015年

  • 大村昭人、井上正昭、久保田博南、山口隆洋、宇佐美光司、新井茂鉄、柏野聡彦:[大村昭人]、新医療立国論、株式会社薬事日報社、東京都.2015年

  • マリアナ・マッカート:[大村昭人 訳]、企業家としての国家、株式会社薬事日報社、東京都.2015年

発表

2019年

  • Oshika H, Koyamama Y, Andoh T : Do the changes in the amount of lubrication and temperature affect the inhibitory effects of lubrication on the increase in the endotracheal tube cuff pressure during nitrous oxide exposure in vitro? : IARS, AUA and SOCCA 2019 Annual Meetings – May 16-20, 2019, Montreal

  • 大鹿博之、小山行秀、安藤富男:亜酸化窒素(N2O)暴露時の気管チューブカフ内圧上昇へのKYゼリーの抑制効果に対する気温およびKYゼリーの量の影響:モデル気管を用いたin vitro study. 日本麻酔科学会第66回学術集会、兵庫県神戸市、5月、2019年

  • 齋藤みなみ、丸山晃一、星島宏、寺山祥子、鴨志田直子、安藤富男:ポリウレタン製気管チューブカフが呼吸器関連肺炎に与える影響のメタアナリシス.日本麻酔科学会第66回学術集会、兵庫県神戸市、5月、2019年

  • 平林剛、齋藤みなみ、西岡浩子、寺山祥子、丸山晃一、安藤富男:呼気フローを指標に吸気を開始する逆比従圧式換気の肺保護性の検討.第41回日本呼吸療法医学会学術集会、大阪府大阪市、8月、2019年

  • 西岡浩子、寺山祥子、安藤富男:術前死による定時手術中止例の検討.日本臨床麻酔学会第39回太会、長野県北佐久郡軽井沢町、11月、2019年

  • 寺山祥子、安藤富男、西岡浩子、丸山晃一:オランザピンの制吐作用によりフルストマックの症状がマスクされたと考えられる症例.日本臨床麻酔学会第39回太会、長野県北佐久郡軽井沢町、11月、2019年

  • 安藤富男、麻酔法 全身麻酔 吸入麻酔 [座長].日本臨床麻酔学会第39回太会、長野県北佐久郡軽井沢町、11月、2019年

  • 福田美知子、丸山晃一、齋藤みなみ、山田理恵子、安藤富男:スガマデックス投与によって引き起こされたと思われる心停止の一例.日本蘇生学会第38回大会、長崎県長崎市、11月、2019年

2018年

  • 大鹿博之、小山行秀、安藤富男:頭部固定下の腹臥位手術時の事故抜管時における緊急気道確保についての検討. 日本麻酔科学会第65回学術集会、神奈川県横浜市、5月、2018年

  • 大鹿博之、小山行秀、安藤富男:KYゼリー塗布は亜酸化窒素(N₂O)暴露時の気管チューブカフ圧上昇を有意に抑制する. 日本麻酔科学会第65回学術集会、神奈川県横浜市、5月、2018年、<優秀演題>

  • 寺山祥子、丸山晃一、鴨志田直子、西岡浩子、平林剛、安藤富男:ポリウレタン製気管チューブカフにおける初期高圧加圧は液体リークを減少させない.日本麻酔科学会第65回学術集会、神奈川県横浜市、5月、2018年

  • 平林剛:ボリュームカプノグラフィー(Volumetric Capnography).日本麻酔科学会第65回学術集会 麻酔科領域講習(リフレッシャーコース・アドバンス)、神奈川県横浜市、5月、2018年

  • 木村隆大、小山行秀、鴨志田直子、磨田裕、安藤富男:スティッフパーソン症候群に重症筋無力症を合併した患者の2回の全身麻酔経験の症例報告とその麻酔管理に関するbrief review. 日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会、東京都新宿区、9月、2018年

  • 齋藤みなみ、西岡浩子、平林剛、丸山晃一、安藤富男:抗リン脂質抗体を認めた癌手術患者2症例の経験.日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会、東京都新宿区、9月、2018年

  • 鴨志田直子、平林剛、大鹿博之、齋藤みなみ、寺山祥子、西岡浩子、丸山晃一、安藤富男:皮下での硬膜外カテーテル屈曲により抜去困難をきたした1症例.日本麻酔科学会東海・北陸支部第16回合同学術集会、石川県金沢市、9月、2018年

  • 大村昭人:特別講演「新医療立国論」、第48回日本創傷治癒学会、東京都千代田区、11月、2018年

2017年

  • Koyama Y, Nishioka H, Kamoshida N, Akihisa Y, Andoh T: Successful Anesthetic Management of Morbidly Obese Patients During Electroconvulsive Therapy With the ProSeal Laryngeal Mask Airway in a Head-up Position: A Report of 2 Cases. ANZCA ASM 2017 Annual meeting, May 12th -16th, 2017, Brisbane, Australia

  • 鴨志田直子、丸山晃一、岩下朝子、小山行秀、安藤富男:気管チューブカフへのエア注入時、初期加圧の違いが液体リークに及ぼす影響.日本麻酔科学会第64回学術集会、神戸、5月、2017年

  • 平林剛、西岡浩子、秋久友希、稲森慶一、安藤富男:従圧式換気における各種パラメーターと死腔率の相関関係.日本麻酔科学会第64回学術集会、神戸、5月、2017年、<優秀演題>

  • 平林剛:リスクマネージメント研修会「非麻酔科医による鎮静・鎮痛」2017年6月

  • 大鹿 博之、小山 行秀、磨田 裕、鴨志田 直子、安藤 富男:βブロッカー内服患者の術中のカプノグラムが閉塞性換気障害パターンを示していたが、術中のエフェドリン投与のみでそのパターンが正常化した1症例.関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、東京、9月、2017年

  • 安藤富男:一般演題 座長、日本臨床麻酔科学会第37回大会、東京、11月、2017年

  • 寺山祥子、丸山晃一、鴨志田直子、西岡浩子、平林剛、安藤富男:ポリウレタン製気管チューブカフにおける初期の高圧加圧は液体リークを減少させるか?.神奈川麻酔科医会第49回学術集会、横浜、2月、2018年

  • 安藤富男:神奈川麻酔科医会第49回学術集会会長、横浜、2月、2018年

  • 平林剛:ロボット支援前立腺全摘術の術中呼吸管理―吸気・呼気逆比従圧式人工換気による死腔低下、気道内圧低下効果(シンポジウム演者)、神奈川麻酔科医会第49回学術集会、横浜、2月、2018年

  • 丸山晃一:教育講演座長、神奈川麻酔科医会第49回学術集会、横浜、2月、2018年

2016年

  • 平林剛、稲森慶一、鴨志田直子、丸山晃一、安藤冨男.ロボット支援前立腺全摘術における逆比従圧式換気の死腔換気量の評価.日本麻酔科学会第63回学術集会、福岡、5月、2016年 <優秀演題>

  • 西岡浩子、秋久友希、山田理恵子、鴨志田直子、安藤富男:小児用マイクロカフ気管チューブの気体シール特性に対する潤滑剤の影響.日本麻酔科学会第63回学術集会、福岡、5月、2016年

  • 池田舞子、宮崎智之、米崎久美子、小山行秀、安藤富男、後藤隆久:新生児動物の鎮静におけるKCC2の機能解析Functional analysis of KCC2 on sedation in neonatal animals.日本麻酔科学会第63回学術集会、福岡、5月、2016年 

  • 西岡浩子、茨木丈博、小澤篤嗣、小山行秀、安藤富男: 高度肥満患者に対する修正型電気けいれん療法の麻酔管理2症例の経験. 日本臨床麻酔学会第36回大会, 高知, 11月, 2016年

  • 鴨志田直子、丸山晃一、稲森慶一、西岡浩子、秋久友希、小山行秀、平林剛、安藤富男:BMI55を超える病的肥満患者の麻酔経験.神奈川麻酔科医会第48回学術集会、横浜、2月、2017年

 

2015年

  • Hirabayashi G, Tsukakoshi S, MaruyamaK, Andoh T;Evaluation of dead space by novel volumetric capnography under three ventilation modes. 第4回IAMPOV国際シンポジウム、 東京、10月、2015年 <最優秀演題受賞>

  • Hirabayashi G, Inamori K, Nishioka H, Yamada E, Akihisa Y, MaruyamaK, Andoh T;Effect of pressure-controlled inverse ratio ventilation on dead space during robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy. 米国麻酔会議、

  • Hiroko Nishioka, Yutaka Usuda, Testuya Miyaji, Tomio Andoh: The Effect of Lubrication on the Air-sealing Performance of a Cuffed Tracheal Tube in a Pediatric Tracheal Model. アメリカ麻酔会議2015(ASA2015)San Diego,10月、2015年

  • Yukihide Koyama(Department of Anesthesia, Fujisawa Shonandai Hospital, Fujisawa, Japan): Studies on gamma-aminobutyric acid A (GABAA) receptor-mediated excitatory actions induced by midazolam and propofol in the developing brain. ~ Future prospective for pediatric anesthesia.日本臨床麻酔学会第35回大会(Japan China Anesthesia Congress),横浜,10月,2015年

  • 西岡浩子、山田理恵子、秋久友希、稲森慶一、平林剛、安藤富男:小児カフ付き気管チューブの気体シール特性に対する潤滑剤の影響.日本麻酔科学会第62回学術集会、神戸、5月、2015年

  • 丸山晃一、星島宏、小山行秀、西岡浩子、稲森慶一、安藤富男:挿管時スニッフィングポジションの優位性におけるメタ分析.日本麻酔医科学会第62回学術集会、神戸、5月、2015年

  • 大村昭人(座長):End of life decisions in ICU in Israel,第37回日本呼吸療法医学会学術集会、京都市、7月、2015年

  • 平林剛、稲森慶一、西岡浩子 、山田恵理子、秋久友希 、丸山晃一 、安藤富男;dynamic PEEPを意図したIntended dynamic PEEP-Pressure Control-inverse ratio Ventilationの換気効率の検討.第37回日本呼吸療法医学会学術集会、京都、7月、2015年

  • 平林剛、稲森慶一、西岡浩子 、山田恵理子、秋久友希 、丸山晃一 、安藤富男;Intended dynamic PEEP-Pressure Control-inverse ratio Ventilationの呼吸死腔およびシャント死腔による解析.第37回日本呼吸療法医学会学術集会、京都、7月、2015年

  • 大村昭人(講演):日本眼科医療機器協会平成27年度臨時社員総会、焼津市、8月、2015年

  • 安藤富男:[座長] 合併症1 ポスター会場.日本臨床麻酔学会第35回大会,横浜,10月,2015年

〒213-8507 神奈川県川崎市高津区二子5-1-1

​TEL:044-844-3333(代表)

Copyright (C)  Teikyo University Hospital, Mizonokuchi