MESSAGE

メッセージ

“手術室の内科医”のような存在

後期研修医・助手

大鹿 博之

出身大学 : 帝京大学

研修中に麻酔科のやりがい・面白さを実感

私は当院で初期研修を行い、研修中に麻酔科のやりがい・面白さを実感して麻酔科に入局しました。実際のところ、最初から麻酔科に興味をもっていたわけではありません。研修医1年目の頃は、漠然と皮膚科医や内科医になりたいと思っていました。医学部でも麻酔についてはほとんど勉強をしたことがなかったので、進路として全く考えていない科でした。ところが、麻酔科研修が始まると、毎日忙しながらも楽しく充実した日々を送れている自分に気づき、麻酔科も楽しそう!と一気に興味が湧きました。術中の全身管理は麻酔科医の手にゆだねられていて、まさに麻酔科医は“手術室の内科医”のような存在だと思います。私は研修医2年目でさらに3カ月麻酔科を選択し、より麻酔を深く学ぶことができました。麻酔科に少しでも興味がある方は、ぜひ2年目も麻酔科を選択してほしいと思います。

連携施設が充実

当院で経験できない症例は、連携施設で補うことが可能です。私は後期研修の18ヶ月を連携施設の1つである埼玉医大国際医療センターでお世話になりました。この施設は、心臓外科と胸部外科(肺外科、食道など)の症例が特に豊富でした。私は麻酔科2年目で、担当医として4年間で経験すべき特殊症例(専攻医プログラム参照)の全項目を必要経験数以上に経験しました。
複数の連携施設で学ぶことで、臨床経験だけでなく、他病院の先生方とのつながりなども生まれ、麻酔科医として視野が広がっていると感じます。
そして研究や発表に関して積極的であることも当院麻酔科の魅力です。どの先生方もしっかりと指導して下さり、入局1年目から臨床研究や学会発表、2年目では海外発表もこなしてきました。3年目となる今年は新たな研究を始めていこうと計画中です。
後期研修先で悩まれている初期研修医の皆さん、是非、見学にきてください!

〒213-8507 神奈川県川崎市高津区二子5-1-1

​TEL:044-844-3333(代表)

Copyright (C)  Teikyo University Hospital, Mizonokuchi